スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ndアルバム”それぞれの椅子”

乃木坂2ndアルバム 「きっかけ」
歌詞の”生きるとは選択肢~”は、ハッとさせてくれ、またいろいろ考えさせられますね。
全体的にメッセージ性が強い曲。それこそ、どう生きていくか?を考える”きっかけ”と
なります。
「太陽に口説かれて」
なんか夏の桑田佳祐の乃木坂バージョンみたいな一曲。そう述べた方がしっくり来るのでは
ないでしょうか。視点は女の子からのもの。今の乃木坂にはピッタリです。モゾモゾしてる
感じが面白い。
「欲望のリインカーネーション」
愛欲の輪廻転生。愛欲は永遠不滅、なくならない感情なんだと歌い上げていますね。乃木坂
では珍しく、大人の分野に一歩つっこんだ曲。ダークサイドを切なく歌ってますね。耳に残
ります。
「悲しみの忘れ方」
明日も頑張ろう!明後日からも頑張っていこう、と励ましてくれます。ちゃんと仲間もいる
んだよ~と乃木坂のメンバー同士励まし合っているのかな(仲間がいない孤独なヲタにとって
はつらい曲かもしれませんが;いやヲタにとって仲間とは乃木坂なのかも;ならいいか~
(笑))。
「環状六号線」
昔の恋の記憶が懐かしいよ~と歌い上げています。恋を思い通りにしたいけどうまくいって
ない男の子の歌。イメージとしては中学生の男子が想起されますが、現在は大人なんでしょう
ね。もどかしい。
「口約束」
女の子の世界を垣間見れる一曲ですね(笑)。結婚おめでとう!カラオケで女友達同志で歌う
イメージが湧きました。微笑ましいシーンですね。

では、また。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。